正しく乗って、正しく使おう

ストレッチポールで様々なエクササイズをしていくにあたって、まず正しい乗り方を身に付けましょう。
どう置いて、どう乗ってエクササイズしていくのか。

当たり前で一度覚えれば簡単ですが、しっかりとおさらいしておきましょう。

ストレッチポールへの正しい乗り方

http://www.youtube.com/watch?v=Krr7IDIU91w

  1. まず、ストレッチポールのキャップが着いている方を下に向けます。
  2. ポールの横に縫い目があるので、この縫い目を横に向けます。
     (下にするとデコボコしてしまうし、上にすると背中に当たってゴツゴツして背中が痛いため)
  3. キャップが着いているところの先端にお尻をのせて、手で体を支えながらゆっくりと背骨を乗せるように倒れていきましょう。
  4. 頭の先までポールに乗っかるようにして、乗ったら掌は上向きにして肘を楽に付けておきます。
  5. 脚の幅は楽な幅に置いておき、不安定な場合は、脚の幅を広げておいても良いでしょう。

テクニカルアドバイザーからのワンポイントアドバイス

ストレッチポールに乗る時にポイントが3点あります。

1. セーフティー
安定が安心をよび安全が高まるという意味になります。
また、連続して乗っている時間は15分以内に気をつけてください。

2. ポジショニング
誰が乗っても同じような効果(再現性)があるのにはポジショニングが重要です。 あなた自身がしっかりと脱力した状態を見つけられるようにしてください。

3. フィーリング
あなた自身がストレッチポールに乗っていて心地よいかどうかということです。

以上の3点に注意しながら、心地よい最幸の時間を楽しんで下さいね。