まずはセルフモニタリングで自分の状態をチェックしよう

ストレッチポールの基本動作でもある
ベーシックセブンエクササイズを行ううえで大切なことがあります。

それをセルフモニタリングといいます。

セルフモニタリングとは、文字の通り「自分で自分のカラダを見てみること、点検すること」です。

利用前のセルフモニタリングのやり方を動画で確認

動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=n4CihAYvrww

  1. ストレッチポールに乗る前の体の感覚を確認していきます。
  2. 頭の接地面を確認しましょう。頭は上の方が着いているのか、それとも下の方が着いているのか。
  3. 首の後ろの浮き具合と肩先の浮き具合を確認しましょう。
  4. 肩胛骨はベタッと付いているのかちょこんと着いているのかを感じましょう。
  5. 背中のあばら骨の後ろはどんな感じで着いているのか、どの辺から浮いているのかを感じましょう。
  6. 腰の後ろはどのぐらい浮いているのかを感じましょう。
  7. お尻が着いているのは上の方なのか下の方なのかを感じましょう。
  8. お尻の下、ももの裏、ヒザの裏、ふくらはぎ、カカト、脚の左右の接地面の感覚、重心の感じも感じてみましょう。

テクニカルアドバイザーからのワンポイントアドバイス

セルフモニタリングで大切なことは、自分の感覚を信じることです。
自然体で自分が感じたままの感覚で構いません。

それが、ベーシックセブンエクササイズを行う前と後とでは体がどう変化したのかを判断する材料となります。